音楽大学を目指したいあなたへ、音大受験・音大入試情報

トップページ>お子様を音大に行かせたい親御さんへ

お子様を音大に行かせたい親御さんへ

「英才教育を受けさせたい」「突然音大に行きたいと言い出した」
そんな親御さんたちに読んでいただきたいページです。
助けになれば幸いです。

子どもが「音大に行きたい」と言い出した!さてどうする?

突然子どもが「音大に行きたい」と言い出した!
そうは言われても、心の準備が…
そもそも音大ってどんなところ?
親としてどんな準備が必要なの?

そんな風に思っている親御さんも多いのではないでしょうか?

音楽大学は一般大学とは少々(かなり?)毛色が違いますので、
知らない人にとっては未知の世界。
でも、親としては出来る限りの協力はしてあげたいですよね。

わが子のレベルは果たして?

音大に行きたいとは言っても、本当に我が子は音大を目指せるレベルなのだろうか?

これはさすがに素人では判断できません。

お子さんが現在楽器の習い事などをしているのであれば、習っている先生にまずは相談しましょう。
音大を目指すとなれば、先生側としても教える内容がまた変わってきますし、相談することは重要です。

判断が難しいのは、お子さんが学校で吹奏楽部などに入り、専攻している楽器で音大を目指したいと言っている場合。
このケースでは多くの場合で専門的なレッスンを受けておらず、部活動での指導のみである場合が多いです。
音大を目指すのであれば、当然その楽器の専門レッスンを受けなくてはいけません。
部活動では個々の楽器の基礎までは指導が行き届かず、自己流の演奏癖がついている場合もあります。
こういった癖は早ければ早いほど修正可能です。

音楽はお金がかかる!?

音大といえば、お金がかかるイメージ。
これは間違いではありません。

音大に入るまでは、
楽器代・楽器のメンテナンス費用やパーツ費用(弦楽器の弦、木管楽器のリードなど)・
レッスン料・遠くの先生まで習いに行く場合は往復の交通費

音大に入ったら上記に加えて入学金・授業料
私立音大では1年目で300万円ほどかかると言われています。
親元を離れて通う場合には家賃などの仕送りも必要です。
国公立なら学費は抑えられますが、結局その他のお金はかかります。

家計が厳しい家庭では、音大受験を再考せざるを得ない場合もあります。
破綻してしまわないような計画が必要です。
心苦しいですが、場合によっては諦めてもらうしかない場合も…。
お子さんの将来の目標が音楽の先生なら、国公立の教育大学で音楽を専攻してもらうという手もあります。

音大卒が有利な就職は限られている

一般大学とはちょっと違う、音楽大学。
音大を卒業して一般企業に就職する人もいないわけではありませんが、割合としては少ないものです。
そのため、就職となるとどうしても選択肢が限られてしまいます。

と言っても、まったくないわけではありません。
むしろ音大で学ぶのは専門技術ですから、同じ分野であれば歓迎されます。
たとえば楽器店や楽器の講師、レコード会社などの音楽業界企業。
音楽の先生になるのも良いでしょう。

そもそも、音大を目指すということは何か目標があってのこと。
お子さんが音大を目指したい理由は何なのか、目標を明確にさせてあげることも大切です。
そうでないと、「音大に行ったはいいが、その先どうすれば」→ニート…となられても困りますので。

幼児期からの英才教育

『狭き門』へのチャレンジは、早い時期からの取り組みを

小さなお子様がいらっしゃる親御さんの中には、
「将来はこの子を演奏家に育てたい」
と思っている人もいらっしゃると思います。

音楽教育は他の教育と同じく、早ければ早いほど効果を発揮します。
特に絶対音感は、一般的に5歳までに身につくものであると言います。
このように、早期から音楽に慣れ親しみ、教育を受けることは効果があります。

音楽や楽器関係の習い事としては、やはりピアノ・ヴァイオリン・フルートなどが根強い人気です。
これらは当然音大受験の際にも競争率は計り知れず、『狭き門』となります。
こういった楽器で将来のことを考えているのであれば、なるべく早いほうが良いでしょう。

特にピアノは全ての専攻の基礎にも繋がりますので、早いうちから習わせておいて損はありません。

親も一緒に取り組む気持ちで

特に小さいお子さんの場合、家庭での練習をすすんでしたがらない場合も多いです。
そのためある程度の大きさになるまでは、家庭での練習も親御さんがついて行う必要があります。
その際、単に横に座っているだけというよりは、ある程度内容がわかっていたほうが良いでしょう。
親御さんも読譜など最低限の事は出来ていたほうが良いですし、普段のレッスンも見学しながらポイントをおさえ、
自宅での練習時にも復習がしやすいように助けてあげましょう。

適性を見極める

幼少期からレッスンを重ねてきても、本人の適性によっては
思ったほどのレベルに到達しない可能性もあります。
そのまま続けさせて、受験する音大のレベルを下げる方法もありますが、
思い切って別の楽器に挑戦させるというのもひとつの手です。
特に、ある程度成長してからでないと演奏自体が難しい管楽器などはそういった選択肢に入ります。
音楽の基礎的な素地がある状態で他の楽器に取り組むと、まっさらな状態で始めた場合と比べても上達度が違うので、一考の余地はあるものと思います。

サイト内検索

スポンサード リンク