音楽大学を目指したいあなたへ、音大受験・音大入試情報

トップページ>行きたい音大の選び方

行きたい音大の選び方

何を重視すべきか

行きたい音大を選ぶとき、どうしても音大全体のレベルばかりを気にしがちですが、そればかりを重要視するのは問題があります。

もちろんレベルの高い音大は学生の演奏レベルなども高く、お互いを刺激しあえる環境であるのは間違いありません。
ですが、大学の授業内容に重点を置いて考えた場合、実はレベルの高い音大もそうでない音大も、カリキュラムに大きな違いはないのです。

一番違うところは「教えてくれる先生が違う」こと。
とくに専科では、指導者の影響を一番に受けることになります。
その点を考えても、大学選びにおいて重要視すべきは

「指導者が誰なのか」「この先生につきたいと思えるのか」

という点ではないでしょうか。

ちなみに、ひとつの専科に複数の講師がいる場合が多いですが、これは入学後、講師の希望を大学に提出することができます。

音大のネームバリューだけでは通用しない

「そうは言っても、トップクラスの音大のほうが何かと有利なんじゃないの?」
と考える人もいるかもしれません。

しかし、音楽の世界は基本的に実力勝負。
(一部コネとか聞かれますが、それは割愛…)

有名な大学の学生だから・または出身者だから、必ずコンクールに入賞出来るわけではありません。
プロオーケストラに無条件で入団出来るわけでもありません。

コンクール入賞者を見てみてください。全てが同じ大学の人でしょうか。
プロオーケストラに所属している団員は、全てが同じ大学の人でしょうか。
決してそんなことはないでしょう。

大事なのは、自分の腕。
大学の名前よりも、自分の腕を最大限磨ける環境を選ぶべきなのです。

どの大学を選んだとしても、自分自身のレベルを高めることが出来れば、チャンスは無限大ですよ。

ちなみに海外では

ちょうど私が受験生の頃、当時師事していた先生と大学の選び方について話していたときにこんなことをおっしゃいました。

「日本は音大を大学のレベルで選ぼうとする人が多いが、ヨーロッパでは普通そんなことはしない」
「自分がつきたいと思う先生のいる学校を受けるし、その先生が学校を移動すれば、退学してまでついていく生徒も多い」

今の日本はどうでしょうか?
まだまだ大学のネームバリュー重視の傾向は続いているようですね。

東京芸大などのトップクラス大学に入るメリット、デメリット

さて、ここまで「レベルを気にするな」と書いてきましたが、もちろん上を目指したなりのメリットはあります。

例えば東京芸大など名実ともにハイレベルであることが世の中に知られている大学の場合。
「芸大生・芸大卒・芸大出身」という肩書きがつくだけで、世間の人には「お、すごい人かも」と思われるでしょう。
やはり肩書きは強いようで、フリーランスでの仕事が入ってきやすいみたいですね。

また、最初の項目でも書きましたが、まわりのレベルも当然高い人が揃うので、これは良い刺激になります。
中には在学中からコンクール入賞を繰り返すほどハイレベルの人もいます。
そんな人が身近にいるだけでも、自分の身が引き締まる思いですね。

デメリットとしては、前述のように「すごい人かも」と思われること。
一見して自慢できそうですが、果たしてそうでしょうか?

大学ブランドを肩書きにつけるだけで、それを聞いた人は向こう側から勝手にハードルを上げてしまいます。
たとえば、あなたはどうでしょうか?
「芸大生がこれから演奏します」と言われたら、どれぐらいのレベルだと想像しますか?
おそらくほとんどプロと同じぐらいのレベルを想像するのでは。
そういったことがあるため、実際はまだまだ大学で勉強中の身なのに、厳しく見られがち…ということもありますね。

しかしこれをデメリットと考えるかどうかは、本人次第です。
厳しく見聴きされる環境というのは、当然自分のレベルアップに繋がりやすいものですから。

私立か、国公立か

私立と国公立の音大(芸術大学の音楽学部含む)の大きな違いは、授業料でしょう。

特に私立音大はかなりのお金がかかります。
初年度で諸々合わせて200万円前後はかかる大学も多いようです。

それに比べて国公立の場合、上記の半分~3分の1ぐらいでおさまってしまいます。

このように、授業料だけを見れば国公立のほうが明らかに負担は少ないと言えます。

しかし、これだけたくさんの授業料を取る私立音大は、非常に環境が良いです。
例えば練習室の数であったり、講師陣の面々、また課外授業等も充実しています。
環境面で言うと、国公立は残念ながら私立音大に劣る部分も多いのが現状です。

まとめ

まとめますと、行きたい音大の選び方は

  • 大学のレベルばかりを気にせず、師事したい先生を重視
  • 金銭面に問題がなければ、大学の環境も重視
  • その上でよりレベルの高い音大を目指す

…このように選ぶのが良いのではないでしょうか。

サイト内検索

スポンサード リンク
ページ上に戻る