音楽大学を目指したいあなたへ、音大受験・音大入試情報

トップページ>合格したあなたへ

合格したあなたへ

合格おめでとう!次にやるべきこととは?

音楽大学への合格、おめでとうございます!
暫くの間は喜びに浸るのもよいでしょう。
しかし、合格がゴールではありません。スタートなのです。
音楽大学に合格したら、まずやるべきこととは?

お世話になった先生にお礼を

合格したらまずやるべきことは、音大受験にあたりお世話になった先生方にお礼をすることです。
なるべく保護者のかたと一緒にお礼に伺うと良いですね。
ソルフェージュや副科ピアノでお世話になった先生にもちゃんとお礼をしましょう。

住まい探しは早いほうが良い

実家から通うことができる人には無縁の話ですが、大学に通うため一人暮らしをする人も多いはず。
大学が寮を用意している場合もありますが、定員があったり入居条件なども決められています。

定員が少なく抽選になる場合などは、抽選に外れた場合改めて物件探しをしなくてはいけません。
しかし、その時には既に好物件は借りられたあと…というケースも少なく有りません。
寮を希望する場合でも抽選となる場合には、物件探しも並行して行いましょう。
(寮に当選して賃貸物件をキャンセルする場合には、キャンセル料が発生する場合があるのでよく確認しましょう)

物件探しのポイントとしては、大学からの距離・音出し可能(楽器演奏可)かなどが重要になってきます。
大学からあまり離れていない距離であれば、主な練習場所を大学に置くことで居住物件の選択肢は広がります。
しかし大学の練習室が少ないなど問題があったり、やはり確実に練習できる場所がいつでも確保できると良いという場合には、楽器演奏可の物件を選ぶことになります。
楽器演奏が許可されていない物件で演奏をすると、他の居住者の迷惑になります。絶対にやめましょう。

※ちなみに※
室内に設置するタイプの防音室ユニット(ex.ヤマハのアビテックス)なども販売されています。
このような防音室は0.8畳サイズからあり、賃貸物件や引越しの多い人には重宝されていますが
この手のタイプを楽器演奏不可物件に設置すればいいのでは?と考える人もいるかもしれません。
しかし個人的な感想を申しますと、結構うるさいです。
結構音漏れしますので、トラブルの原因になりかねません。
楽器演奏不可物件には設置しないほうが賢明でしょう。

楽器演奏可物件の探し方

楽器演奏が可能な物件はさほど多いわけではありませんが、やはり多いのは音大の近辺です。
音大がある最寄り駅から2~3駅ぐらいまでに集中する傾向が多いようです。
また、楽器可物件の中にも女性限定の物件や、練習室を別途完備した物件もあります。
詳しくは賃貸不動産を扱う店舗に相談しましょう。
合格発表の際に不動産業者が出入りして物件を紹介している場合もあります。
下記のような一般不動産業者で相談してみましょう。

物件探しは一般的な不動産業者で問題ありませんが、中には楽器可の物件を専門的に扱う業者も存在します。
このような業者を見つけて相談するのも良いでしょう。

家具・家電は手軽にレンタルという手もある!

一人暮らしが決まったら、部屋の他にも準備しなければいけないのが家具や家電。
気に入ったものを購入していくのも良いですが、結構手間になることも…
今は家具や家電をレンタルしてくれるサービスがあり、手軽に準備を済ませることができます。
家具の格安レンタルサイト【レンタるん♪】 などがおすすめです。
また、「一度使用してみてから購入を決めたい」という場合にはDMMいろいろレンタル がおすすめ。
DMMいろいろレンタル は、家具・家電だけではなく様々な商品が揃っているので
引っ越した後も役立つサービスです。

もちろん、練習も怠らない!

音大に合格してホッとするのはいいのですが、目標を達成したからとつい練習がおろそかになってしまうことがあります。
これは考えものですね。
音大に合格することがゴールではないということをよく自覚することが大切です。
今は井の中の蛙状態でも、ひとたび入学すれば、ライバルがたくさんいることを再認識させられます。
そしてライバルの全てが自分と同等かそれ以上の実力の持ち主なのです。
ここから成長するかどうかは、日々の積み重ねがものを言います。受験対策と同じです。
ぜひ目標を大きく持って、日々の努力を怠らないようにしてもらいたいものです。

サイト内検索