音楽大学を目指したいあなたへ、音大受験・音大入試情報

トップページ>音大受験Q&A>初心者用の楽器では、音大受験は難しい?~音大受験Q&A

初心者用の楽器では、音大受験は難しい?

現在、いわゆる初心者用の安い楽器を使って練習している人も多いかもしれません。
いきなり良い楽器を使っている人も少ないとは思いますが、やはり音楽大学への進学を視野に入れるとなれば、それなりの楽器にステップアップしなければいけません。

楽器買い替えのタイミング

もし専門的なレッスンを受けているのであれば、師事している先生から楽器の買い替えを提案されることもあるでしょう。
そのタイミングで買い替えても良いかと思います。

注意すべきなのは、受験直前に楽器を替えること。

どの楽器も、慣れるまでに一定期間はかかるものです。
慣れるまでにどの程度時間を要するかというのも個人差があるため一概には言えませんが、
急な故障や破損の場合を除き、少なくとも受験の1年前までには買い替えを完了していたいものです。

どの程度の楽器を選ぶと良いのか

「現在使っているのは初心者用だから、次は中級者用程度のものを」
…と考える人もいるかもしれません。
それでも受験に支障があるわけではありませんが、将来のことを考えた場合、目指すべき目標によっては再度楽器の買い替えが必要になる場合もあります。
詳細を見据えて長く使える、上級者~プロ仕様のものを選ぶのも選択肢の一つです。

プロや音大生が使っていた中古楽器を購入する、という手も有効です。

ただし、どれを選ぶにしても演奏する自分自身が使いこなせるレベルに達していなければ逆効果にもなりかねません。
そのあたりは師事している先生とよく相談し、吟味して選びましょう。


音大受験Q&A

サイト内検索

ページ上に戻る