音楽大学を目指したいあなたへ、音大受験・音大入試情報

トップページ>音大受験Q&A>音大を受験する人は、一日何時間練習すればいい?~音大受験Q&A

音大を受験する人は、一日何時間練習すればいい?

まず、受験生が練習にどれだけ時間を割けるか考えてみましょう。
平日は学校の授業などがあるので、3~4時間程度が限度でしょうか?
休日は自由に時間が設定できますが、5~8時間ぐらいが平均的なようです。

しかし、実技の上達は練習時間ではかれるものではありません。

重要なのは時間ではなく内容

いくら長時間練習する時間が出来たとしても、その内容が悪ければ上達しません。
逆に短い時間でも、効率的に練習すれば十分効果はあります。

日々の基礎練習ひとつにしても、時間があるとき用・ないとき用で何通りか用意しておくなど、状況にあった練習方法をとるのも良いでしょう。

目の前にある楽譜をただただこなすだけではなく、頭を使って練習することが重要になります。

また、音大入試は専攻実技だけではありません。
ソルフェージュや学科など、他の科目がおろそかにならないようにしましょう。

ちなみに音大生は

音楽大学に入れば、授業以外はすべて練習の時間に回せます。
授業以外の時間をどう使うかは人それぞれですが、平日でも1日5時間以上は可能ではないでしょうか。

もちろん音大に入っても、練習の内容が一番重要になります。
効率的かつ効果的な練習方法で上達を目指したいものです。


音大受験Q&A

サイト内検索

ページ上に戻る