音楽大学を目指したいあなたへ、音大受験・音大入試情報

トップページ>音大受験Q&A>どうして電子ピアノではダメなんでしょうか?~音大受験Q&A

どうして電子ピアノではダメなんでしょうか?

今は電子ピアノも良い物が増えていて、マンションや住宅密集地などで隣近所への音漏れを気にされる家庭には特に人気のようです。
タッチも本物に近いものがあり、趣味で使うには十分な品質の電子ピアノもあります。
しかしピアノを本格的にやる場合や、音大を目指すために専科・副科問わずピアノをやる場合には、「電子ピアノではいけません」と言われることが非常に多いです。それはなぜでしょうか。

タッチの問題

本物に近いタッチの電子ピアノが増えたといっても、やはり本物のピアノとは厳密に違いがあります
鍵盤のハンマーが弦を打つ感触を感じながら演奏する感覚を養うのは、非常に重要なことです。
タッチが似ているといっても、電子ピアノとアコースティックなピアノとは構造上にも違いがあり、「似て非なるもの」であることは間違いないのです。

では、タッチが違うとどのような影響が出てくるのか。
これは個人差があることを先にお伝えしておきますが、電子ピアノでの演奏に慣れている人は、ピアノを弾く上で必要な筋力が弱い傾向にあり、また発音ひとつにも差が出てきます。

音色、表現の問題

音はどうでしょうか。現在は技術が進み、電子ピアノも非常にリアルな音が出るようになっています。
アップライトピアノモード・グランドピアノモードなどの音が選べたり、ピアノ以外の音を出すことも可能です。
しかし、これらはやはり「録音された音」「合成的に作られた音」でしかないのです。

知っての通り、ピアノはタッチの強弱で音も大きくなったり小さくなったりしますね。
強いタッチの音、弱いタッチの音。同じようでも、音のひとつひとつは微妙に違います。
それがピアノ演奏での表現力にもつながるわけです。
その点、電子ピアノはどうでしょうか。確かに強く弾けば大きい音が出るし、弱く弾けば小さい音になりますが、それは「同じ音のボリュームを機械的に調整しているだけ」なんです。
タッチや弾き方によって微妙に変わる音の変化を、電子ピアノでは養うことが出来ないのです。

音の強弱以外にも、レガートで弾いた時、アクセントをつけて弾いた時など…
電子ピアノでは同じ発音を強弱つけているだけなので生のピアノのような音の変化がわからず、はっきり言うと「練習になりません」。

スピーカーから出るのではなく、ピアノのボディから共鳴して体に伝わる響きを感じながら表現力を養うことは、非常に重要なことと言えます。
電子ピアノが必ずしも悪いとはいいませんが、このような体験は電子ピアノでは出来ないのです。

ピアノ専攻じゃないなら別にいいのでは?

「ピアノ専攻で受験するわけじゃない」「ピアニストになろうとは思っていないから別にいいのでは」と思う人も、中にはいるかもしれません。
それもないとは言えませんが、やはり選択肢があるのなら生のピアノをおすすめしたいと思います。
表現力を養うという意味では、専攻する楽器にも良い影響を与えます。
また、ピアノ専攻でない人ほど、ピアノのタッチには慣れていないと言えます。専攻楽器の練習のほうに重きを置くため、これは仕方のない事です。
ただでさえピアノのタッチに慣れない人が電子ピアノのタッチに慣れてしまうと、どういうことが起きるでしょうか。
「家ではできていたのに本番ではうまくできなかった」という現象が起きやすくなります。
これが試験だったら?もしかしたら、合否を左右する大きな差が出てしまうかもしれません。

機械だから、壊れてしまえばおしまいです

電子ピアノは結局のところ「機械」です。
故障すれば突然音が出なくなってしまうこともあります。
普通のピアノでも故障することはありますが、通常の使用であれば故障の頻度は電子ピアノよりもずっと低いですし、定期的にメンテナンスをしながら使えば一生ものの価値があります。
しかし電子ピアノはそういうわけにはいきません。音が鳴らなくなれば修理に出さなくてはいけません。
普通のピアノのように家で修理するわけにもいきませんし、修理に出すにも大きいので手間がかかります。
それに場合によっては「音がひとつ鳴らなくなっただけなのに買い替えなくてはいけなくなった」ということも。
一見価格的にも安くて手の出しやすい電子ピアノですが、寿命は通常のピアノに比べて非常に短いのです。
新品の電子ピアノと中古のアップライトピアノ、同じぐらいの値段でも後者のほうが比べものにならないほど長持ちするし、もし手放すことがあっても一定の価値が出ます。

どうしても生のピアノを自宅に置けない場合には

そうは言っても、家庭の事情などでどうしてもアップライトピアノやグランドピアノを購入できない・自宅に設置できないという人もいると思います。
そのような場合にはやはり電子ピアノという選択肢しか残らない、というケースになると思いますが、
まず、ピアノ専攻で音大を受験したいなら、何としてもこのような選択肢にはならないように努力すべきです。

生のピアノを置けないケースというのは、色々あります。
まず、自宅が集合住宅で楽器演奏を禁止されていたり、演奏可能な時間帯が短いという場合。
音大を受験するのに楽器演奏が出来ないというのはかなりのマイナスポイントですが…現代の住宅事情を考えると、このような家庭も少なくはないでしょう。
それから、建物の問題でピアノが置けないというケースもあります。
アップライトピアノもグランドピアノも重量がかなりあるため、どこでも置けるというものではありません。
場合によっては床の補強などが必要になりますし、構造によっては補強しても置くことが出来ない場合も。

音の問題でしたら、サイレントピアノ(消音ピアノユニット)を導入するという選択肢もあります。
サイレントピアノ(消音ピアノユニット)は、サイレント機能を解除している間は普通のピアノとして演奏できますし、サイレント機能をオンにするとピアノ本体からは音が鳴らず、ヘッドホンから音が流れます。
ヘッドホンから流れる音は生音ではありませんし、サイレント機能中は鍵盤のハンマーが弦を打つ直前で止まるように出来ているのでやはり音もタッチも生のピアノとは演奏感覚が多少違いますが、演奏を禁止されている夜間の練習のみに限って使うなどすれば、音を気にせず練習することができます。
(消音ユニット機能のみで練習するということはあまりおすすめできません)
消音ユニットはピアノに後付することも出来ますし、最初から搭載されているものもあります。

様々な理由でどうしても生のピアノを設置出来ないという場合にはやむを得ず電子ピアノということになりますが、この場合には「生のピアノで練習できる環境・場所を別に確保しておくこと」が重要です。
難しく考える必要はなく、学生であれば放課後の音楽室を借りれば良いですし、もしくは楽器店の練習室を定期的に借りてピアノを練習するという方法もあります。
どのようなケースであっても、「生のピアノに触れる時間」をしっかり取ることが重要です。

実は電子ピアノでした。

私は実は、電子ピアノを使っていました。
ピアノを習っている時にはやはり「買い換えたほうがいい」と何度も説得されましたが、自分自身があまり不便に感じていなかったのと、親の独断でしたね。電子ピアノとしては当時高額なものを購入しましたし、裕福な家庭でもなかったので買い替えはしてもらえませんでした。
しかし音大を目指すようになったのと同時期に、高音域の音がひとつ出なくなってしまいました。
修理をしてほしいとも言いづらかったので、その時期から学校での練習に切り替え、家ではピアノを弾かなくなりました。
それまでもピアノは結構弾けると思っていたのですが、受験時期に入り久々に自宅の電子ピアノを弾いてみたところ、タッチや響きの違いに愕然。
鍵盤は木でできていたし、タッチも音もかなりリアルな電子ピアノだと思っていた自分は何だったのだろう…と改めて気付かされた瞬間でした。
幸いにも練習場所には恵まれていて、学校では常に色んなグランドピアノで練習することができていたので、知らず知らずのうちにタッチも耳も養われていたのかもしれません。
それ以来はやはり電子ピアノで練習するとタッチも狂う気がしたので、自宅の電子ピアノは完全に封印。大学進学後に処分されました。
私の場合は副科ピアノなのでたいしたレベルは要求されないのですが、それでも生のピアノで毎日練習するというのはいろんな意味で自信につながったかもしれません。


音大受験Q&A

サイト内検索

ページ上に戻る