音楽大学を目指したいあなたへ、音大受験・音大入試情報

トップページ>ソルフェージュ【科目別受験対策】>新曲視唱について~ソルフェージュ【科目別受験対策】

ソルフェージュ【科目別受験対策】

新曲視唱について

新曲視唱とは

出題された楽譜を決まった時間で読譜し、その通りに歌うこと。

試験では、頭の音をピアノでもらえるので、それを聞いた後に歌い始めます。

正しい音程・リズムで歌えているかどうかがチェックされます。

大学によっては強弱記号・アーティキュレーション(スラーやスタッカートなど)も記載されます。
その場合は記号のとおりに表現しなければいけません。

基本はコールユーブンゲンから

ソルフェージュで視唱を練習する場合、まずコールユーブンゲンから入ります。全訳コールユーブンゲン

大学によっては、出題される曲がコールユーブンゲンからのアレンジというものも。

それほどベースになり、かつ重要視されるものです。

コールユーブンゲンの練習は「新曲」と言う意味では実用的ではありませんが、この本を使い歌い込むことででリズムのとり方や難しい音程のとり方を覚えていきます。

コールユーブンゲンで正しいリズム・音程で歌えるようになったら、新曲視唱に進むと確実でしょう。

視唱のやりかた

基本は無伴奏で、楽譜のとおりドレミで歌います。

専攻や大学によっては伴奏つきの場合もありますが、声楽専攻のみの場合がほとんどです。

もちろん声楽専攻以外の人が、普段の練習の段階で伴奏つきの視唱を行うのも良いでしょう。

このあたりは習っている教室の先生の指導カリキュラムによってもわかれますね。

新曲視唱上達のポイント

視唱の練習をある程度やっていくと、どのような場合でつまずきやすいかが大体わかってくると思います。

特定のリズムパターンだったり、シャープやフラットが突然出てきた場合にできなくなってしまう人も多いのでは?

どうしても似たようなところでつまずいてしまう場合には、そのパターンだけを抜き出してひたすら練習。

「パターンを体で覚える」ことが大切になります。

一度身につけば、応用がきくようになってきます。

また、歌い始めたら常に次の小節を見ること。

これは視唱に限らず、演奏においての読譜の基本となります。

常に先読みをするクセをつけましょう。


サイト内検索